Changes between Version 1 and Version 2 of TracIni


Ignore:
Timestamp:
08/27/15 23:20:06 (3 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracIni

    v1 v2  
    1 = Trac 設定ファイル =
     1= The Trac Configuration File
     2
    23[[TracGuideToc]]
     4[[PageOutline]]
    35
    4 Trac の設定は '''`trac.ini`''' 設定ファイルを設定することによって行います。設定ファイルは `<projectenv>/conf/trac.ini` にあります。
     6Trac is configured by editing the **`trac.ini`** file, located in the `<projectenv>/conf` directory. The `trac.ini` configuration file and its parent directory should be writable by the web server.
    57
    6 == グローバルな設定 ==
     8Trac monitors the timestamp of the file to trigger a complete environment reload and flush its caches when the timestamp changes. Most changes to the configuration will be reflected immediately, though changes to the `[components]` or `[logging]` sections will require restarting the web server. You may also need to restart the web server after creating a [#GlobalConfiguration global configuration] file when none was previously present.
    79
    8 バージョン 0.9 から、Trac は グローバルな `trac.ini` ファイルの設定を読み込むことができるようになりました。これらのグローバルオプションは、環境ごとに特別にオプションに組み込まれ、同じオプションを指定した場合、ローカルのオプションがグローバルなオプションを上書きします。
     10== Global Configuration
    911
    10 グローバル設定ファイルは、通常 `$prefix/share/trac/conf/trac.ini` にあります。この設定ファイルは、他の場所に移すこともできます (例えば、 `/etc/trac.ini`) しかし、設定を変更するには Trac をインストールするときに生成される `trac/siteconfig.py` ファイルを変更する必要があります。
     12Configuration can be shared among environments using one or more global configuration files. Options in the global configuration will be merged with the environment-specific options, with local options overriding global options. The global configuration file is specified as follows:
     13{{{#!ini
     14[inherit]
     15file = /path/to/global/trac.ini
     16}}}
     17Multiple files can be specified using a comma-separated list.
    1118
    12 == リファレンス ==
     19Note that you can also specify a global option file when creating a new project,  by adding the option `--inherit=/path/to/global/trac.ini` to [TracAdmin#initenv trac-admin]'s `initenv` command.  If you do not do this but nevertheless intend to use a global option file with your new environment, you will have to go through the newly generated `conf/trac.ini` file and delete the entries that will otherwise override those set in the global file.
    1320
    14 これは現在利用できる設定オプションの簡単なリファレンスです。
     21There are two more entries in the [[#inherit-section| [inherit] ]] section, `templates_dir` for sharing global templates and `plugins_dir`, for sharing plugins. Those entries can themselves be specified in the shared configuration file, and in fact, configuration files can even be chained if you specify another `[inherit] file` there.
    1522
     23Note that the templates found in the `templates/` directory of the TracEnvironment have precedence over those found in `[inherit] templates_dir`. In turn, the latter have precedence over the installed templates, so be careful about what you put there. Notably, if you override a default template, refresh your modifications when you upgrade to a new version of Trac. The preferred way to perform TracInterfaceCustomization is still to write a custom plugin doing an appropriate `ITemplateStreamFilter` transformation.
     24
     25== Reference for settings
     26
     27This is a brief reference of available configuration options, and their default settings.
     28
     29Documentation improvements should be discussed on the [trac:MailingList#Trac-dev trac-dev mailing list] or described in a [trac:NewTicket ticket]. Even better, [trac:TracDev/SubmittingPatches submit a patch] against the docstrings in the code.
     30{{{ #!comment
     31Please don't waste your time by editing the HTML code below, changes won't be picked up. Instead, follow the above guidance for suggesting documentation improvements.
     32}}}
    1633[[TracIni]]
    17 
    18 == [components] ==
    19 (''0.9 以降'')
    20 
    21 このセクションは Trac 本体も含めて、プラグインによって提供されるコンポーネントの使用不使用を設定するために使います。使用できる / できないコンポーネントはオプションの名前を通じて特定されます。コンポーネントが使用できるかどうかはオプションの値によって決定されます; コンポーネントを使用できるようにするために、値を `enabled` または `on` に設定してください。他の値 (一般的には `disabled` または `off`) の場合、コンポーネントは使用できません。
    22 
    23 オプションの名前はコンポーネントの完全な名前、もしくは、コンポーネントの中のモジュール / パッケージのプレフィックスとなっています。前者は 特定のコンポーネントの使用 / 不使用 を設定し、後者は特定のパッケージ / モジュールの中のコンポーネントの使用 / 不使用を設定します。
    24 
    25 以下の設定ファイルの抜粋を見てください:
    26 {{{
    27 [components]
    28 trac.ticket.report.ReportModule = disabled
    29 webadmin.* = enabled
    30 }}}
    31 
    32 最初のオプションは [wiki:TracReports レポートモジュール] を使用しないように Trac を設定しています。二つ目のオプションは `webadmin` パッケージのすべてのコンポーネントを使用できるように設定しています。末尾のワイルドカードはマッチするモジュール / パッケージを一度に設定します。
    33 
    34 利用可能なコンポーネントの一覧がほしい場合、 ''Trac について'' の ''Plugins'' ページを参照してください。 (`CONFIG_VIEW` [wiki:TracPermissions パーミッション] が必要となります。)
    35 
    36 See also: TracPlugins
    37 
    38   ''[http://trac.edgewall.org/changeset/2335 r2335] (バージョンでは 0.9b1, 0.9b2) までの Trac では、このセクションの代わりに `[disabled_components]` セクションを使用してください。このページの [http://trac.edgewall.org/wiki/TracIni?version=42 以前のバージョン] に詳細が書かれています。''
    3934
    4035----
    4136See also: TracGuide, TracAdmin, TracEnvironment
    42