Changes between Version 1 and Version 2 of TracBackup


Ignore:
Timestamp:
08/27/15 23:20:06 (3 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracBackup

    v1 v2  
    1 = バックアップ =
     1= Trac Backup
     2
    23[[TracGuideToc]]
    34
    4 Trac はバックエンドにデータベースを使用しているため、安全に [wiki:TracEnvironment project environment] のバックアップを作成するためには、何らかの配慮が必要になります。 [wiki:TracAdmin trac-admin] に用意されている `hotcopy` コマンドを使用するとバックアップの作成を簡単に行なう事ができます。
     5Backups are simply a copied snapshot of the entire [wiki:TracEnvironment project environment] directory, including the database. Backups can be created using the `hotcopy` command in [wiki:TracAdmin trac-admin].
    56
    6   '''Note:''' Trac では、 Trac と Subversion 両方を管理するときに分かりやすいよう、 [http://subversion.tigris.org/ Subversion] にあわせて、 ''hotcopy'' という用語にしました。
     7'''Note''': Trac uses the `hotcopy` nomenclature to match that of [http://subversion.tigris.org/ Subversion], to make it easier to remember when managing both Trac and Subversion servers.
    78
    8 == バックアップの作成 ==
     9== Creating a Backup
    910
    10 稼働中の TracEnvironment をバックアップするためには、以下のコマンドを実行してください:
    11 {{{
    12   $ trac-admin /path/to/projenv hotcopy /path/to/backupdir
     11To create a backup of a live TracEnvironment simply run:
     12{{{#!sh
     13$ trac-admin /path/to/projenv hotcopy /path/to/backupdir
    1314}}}
    1415
    15 [wiki:TracAdmin trac-admin] はバックアップを行っている間、データベースをロックします。''
     16[wiki:TracAdmin trac-admin] will lock the database while copying.
    1617
    17 バックアップされたディレクトリは、 `tar` や `dump/restore` のような通常のファイルベースのバックアップツールで、安全に取り扱うことができます。
     18The resulting backup directory is safe to handle using standard file-based backup tools like `tar` or `dump`/`restore`.
    1819
    19 === バックアップからの復元 ===
     20Please note, the `hotcopy` command will not overwrite a target directory and when such exists, the operation ends with an error: `Command failed: [Errno 17] File exists:` This is discussed in [trac:ticket:3198 #3198].
    2021
    21 バックアップは、 SQLite データベースを含む [wiki:TracEnvironment project environment] ディレクトリ配下の全体のスナップショットです。
     22=== Restoring a Backup
    2223
    23 バックアップから環境を復元するためには、単に、 Trac サービス (Webサーバ、もしくは [wiki:TracStandalone tracd]) を停止し、バックアップからディレクトリ構造を復元した後、サービスを起動するだけです。
     24To restore an environment from a backup, stop the process running Trac, ie the Web server or [wiki:TracStandalone tracd], restore the contents of your backup (path/to/backupdir) to your [wiki:TracEnvironment project environment] directory and restart the service.
    2425
    25   ''Note: バックエンドのデータベースとして SQLite を使用しない環境の自動バックアップは現時点ではサポートされていません。回避策として、データベースシステムがどんなメカニズムを提供しているとしても、サーバを停止し、環境のディレクトリ構造をコピーし、データベースの稼働中にバックアップを取ることをお勧めします。''
     26To restore a PostgreSQL database backup, use the command:
     27{{{#!sh
     28psql -U <user> -d <database> -f postgresql.dump
     29}}}
     30The `<database>` option is the same as the [TracEnvironment#DatabaseConnectionStrings database connection string] in the `[trac]` `database` option of //trac.ini//.
    2631
    2732----
    28 See also: TracAdmin, TracEnvironment, TracGuide
     33See also: TracAdmin, TracEnvironment, TracGuide, [trac:TracMigrate TracMigrate]