Changes between Version 1 and Version 2 of InterTrac


Ignore:
Timestamp:
08/27/15 23:20:06 (2 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • InterTrac

    v1 v2  
    1 = InterTrac リンク =
     1= InterTrac Links
    22
    3 バージョン 0.10 以降で、 Trac は Wiki マークアップの中から、他の Trac サーバのリソースを簡単に参照できるようになりました。
     3Trac supports a convenient way to refer to resources of other Trac servers, from within the Wiki markup. An !InterTrac link can be seen as a scoped TracLinks. It is used for referring to a Trac resource located in another Trac environment. A resource can be a wiki page, changeset, ticket or milestone.
    44
    5 == 定義 ==
    6 
    7 InterTrac リンクはスコープ付きの TracLinks とみなすことができます。
    8 他の Trac Environment で管理されている Trac のリソース
    9 (Wiki ページ, チェンジセット, チケット, ...) を指定し、
    10 参照するために使用します。
    11 
    12 == 現在使用できる InterTrac プレフィックスのリスト ==
     5== List of Active InterTrac Prefixes
    136
    147[[InterTrac]]
    158
    16 == リンクのシンタックス ==
     9== Link Syntax
    1710
    18 他の Trac Environment の名前をプレフィックスとして使用し、
    19 コロンに続けて他の Environment にあるリソースを記述します。
     11Simply use the name of the other Trac environment as a prefix, followed by a colon, ending with the resource located in the other environment.
    2012
    2113{{{
    22 <対象の Environment>:<TracLinks>
     14<target_environment>:<TracLinks>
    2315}}}
    2416
    25 リソースは通常の TracLinks で使用できるどのようなものでも指定できます。
     17The other resource is specified using a regular TracLinks, of any flavor.
    2618
    27 対象の Environment には、 Environment の本当の名前か、
    28 エイリアスを指定します。
    29 エイリアスは `trac.ini` に定義します (下記参照)。
    30 プレフィックスでは大文字 / 小文字は区別されません。
     19That target environment name is either the real name of the environment or an alias for it.
     20The aliases are defined in `trac.ini` (see below).
     21The prefix is case insensitive.
    3122
    32 簡易な方法として、他にも省略形があります。
    33 チケット、チェンジセット、レポートの識別子に直接プレフィックスとして、
    34 エイリアスを使うことができます。
    35 (例 `#T234`, `[T1508]`, `[trac 1508]`, ...)
     23If the InterTrac link is enclosed in square brackets (like `[th:WikiExtrasPlugin]`), the InterTrac prefix is removed in the displayed link like a normal link resolver would be, ie the above would be displayed as `WikiExtrasPlugin`.
    3624
    37 == 例 ==
     25For convenience, there's also some alternative short-hand form, where one can use an alias as an immediate prefix for the identifier of a ticket, changeset or report, eg `#T234`, `[T1508]`, `[trac 1508]`.
    3826
    39 {{{
    40 #!comment
    41  同じサーバプロセス上で起動している、他の Environment
    42  (''兄弟'' Environment と呼びます) は自動検出されます。
    43 現在、兄弟 Environment のサポートは無効化されています。
    44 See http://thread.gmane.org/gmane.comp.version-control.subversion.trac.devel/157
     27== Examples
     28
     29It is necessary to setup a configuration for the InterTrac facility.
     30This configuration has to be done in the TracIni file, `[intertrac]` section.
     31
     32Example configuration:
     33{{{#!ini
     34[intertrac]
     35# -- Example of setting up an alias:
     36t = trac
     37
     38# -- Link to an external Trac:
     39trac.title = Edgewall's Trac for Trac
     40trac.url = http://trac.edgewall.org
    4541}}}
    4642
    47 InterTrac を使用するためには、設定をする必要があります。
    48 この設定は、 TracIni ファイルの `[intertrac]` セクションに行います。
     43The `.url` is mandatory and is used for locating the other Trac.
     44This can be a relative URL in case that Trac environment is located on the same server.
    4945
    50 設定の例:
    51 {{{
    52 ...
    53 [intertrac]
    54 # -- エイリアスの設定例:
    55 t = trac
     46The `.title` information will be used for providing an useful tooltip when moving the cursor over an InterTrac links.
    5647
    57 # -- 外部の Trac へのリンク:
    58 trac.title = Edgewall's Trac for Trac
    59 trac.url = http://projects.edgewall.com/trac
    60 trac.compat = false
    61 }}}
     48Finally, the `.compat` option can be used to activate or disable
     49a ''compatibility'' mode:
     50 * If the targeted Trac is running a version below [trac:milestone:0.10 0.10]
     51   ([trac:r3526 r3526] to be precise), then it doesn't know how to dispatch an InterTrac
     52   link, and it's up to the local Trac to prepare the correct link.
     53   Not all links will work that way, but the most common do.
     54   This is called the compatibility mode, and is `false` by default.
     55 * If you know that the remote Trac knows how to dispatch InterTrac links,
     56   you can explicitly disable this compatibility mode and then ''any''
     57   TracLinks can become an InterTrac link.
    6258
    63 `.url` は必須オプションで、他の Trac の場所を指定するのに使用されます。
    64 同じサーバ上の Trac Environment であれば、相対 URL でも
    65 かまいません。
    66 
    67 `.title` に設定した内容は InterTrac リンクをマウスオーバしたときに、
    68 ツールティップとして表示されます。
    69 
    70 最後に、 `.compat` オプションは ''互換性'' モードを
    71 有効にするか、無効にするかに使用されます。:
    72  * リンク対象の Trac が [http://trac.edgewall.org/milestone/0.10 milestone:0.10]
    73    (正確には [http://trac.edgewall.org/changeset/3526 r3526]) 以前のバージョンで動作している場合、 InterTrac リンクを
    74    ディスパッチできないので、ローカルの Trac が適切なリンクを準備する必要があります。
    75    すべてのリンクが動作するわけではないですが、たいていの場合は動きます。
    76    これは、互換性モードと呼ばれていて、 `true` がデフォルトです。
    77  * リモートサイトにある Trac が InterTrac リンクをディスパッチできると分かっているならば、
    78    明示的にこの互換性モードを無効にすることで、''全ての''
    79    TracLinks が InterTrac リンクとして動作するようになります。
    80 
    81 上記の例を設定すると、以下のようなリンクを使用することができます:
    82  * この (訳注: 本家サイトの) InterTrac ページ:
     59Now, given the above configuration, one could create the following links:
     60 * to this InterTrac page:
    8361   * `trac:wiki:InterTrac` trac:wiki:InterTrac
    8462   * `t:wiki:InterTrac` t:wiki:InterTrac
    85    * キーでは大文字/小文字は区別されません: `T:wiki:InterTrac` T:wiki:InterTrac
    86  * チケット #234 へのリンク:
     63   * Keys are case insensitive: `T:wiki:InterTrac` T:wiki:InterTrac
     64 * to the ticket #234:
    8765   * `trac:ticket:234` trac:ticket:234
    8866   * `trac:#234` trac:#234
    8967   * `#T234` #T234
    90  * チェンジセット [1912] へのリンク:
     68 * to the changeset [1912]:
    9169   * `trac:changeset:1912` trac:changeset:1912
    9270   * `[T1912]` [T1912]
    93  * リビジョンログの範囲指定 [3300:3330]: '''(Note: `trac.compat=false` を設定する必要があります。)'''
     71 * to the log range [3300:3330]: '''(Note: the following ones need `trac.compat=false`)'''
    9472   * `trac:log:@3300:3330` trac:log:@3300:3330 
    9573   * `[trac 3300:3330]` [trac 3300:3330]
     74 * finally, to link to the start page of a remote trac, simply use its prefix followed by ':', inside an explicit link. Example: `[th: Trac Hacks]` (''since 0.11; note that the ''remote'' Trac has to run 0.11 for this to work'')
    9675
    97 通常の形式 `<InterTrac のプレフィックス>:モジュール:識別子` は
    98 正しい URL `<リンク先の Environment>/モジュール/識別子` と解釈されます。省略形のリンクは
    99 モジュールごとに固有となっています (例 !#T234 は
    100 チケットモジュールによって解釈されます)。残りの形 (`<InterTrac のプレフィックス>:任意の文字列`)
    101 については、 リモートの Trac の TracSearch#クイックジャンプ に沿った動作をします。
    102 
    103 ----
    104 === Discussion ===
    105 
    106 I think that the `trac` prefix could even be set as a default in the `[intertrac]` TracIni section. --CB
     76The generic form `intertrac_prefix:module:id` is translated to the corresponding URL `<remote>/module/id`, shorthand links are specific to some modules (e.g. !#T234 is processed by the ticket module) and for the rest (`intertrac_prefix:something`), we rely on the TracSearch#quickjump facility of the remote Trac.
    10777
    10878----